ACIST導入に伴う TAVI手術環境変化

category:要旨
2014.09.03

ACIST導入に伴うTAVI手術環境変化
大阪大学医学部附属病院
柳川康洋

 近年、ハイリスク大動脈弁狭窄症に対する低侵襲手術として経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVI)が全世界
的にトピックスとなっている。この手術において、遅滞なく複数回の大動脈造影を連続実施することが必要不可欠
である。今回、ACIST導入に伴い、TAVIの手術環境にどのような変化がもたらされたか報告する。
 
 Transcatheter aortic valve implantation becomes the topics as a low invasive surgery for the highrisk
aortic stenosis globally. In this operation, it is essential to carry out multiple aortography without
delay consecutively. With ACIST introduction, I report what kind of change was brought by operation
environment of TAVI this time.
 
2014年9月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る