シーメンス社MRI装置の 3Tと1.5Tの有用性と使い分け

category:要旨
2014.09.03

シーメンス社MRI装置の3Tと1.5Tの有用性と使い分け
名古屋市立大学病院中央放射線部
荒井信行

 MR検査における静磁場強度の違いは、磁化率効果やB1空間分布、縦緩和時間(T1)、SNRなどに影響する。当
院の3Tと1.5Tで独立した検査枠で運用しているシーメンス社製MRI装置においても、静磁場強度に依存する特
徴を的確に判断し、必要に応じて補正技術を適用したり、より優位となる方のMRI装置で検査を施行している。
 
 Such features of the MRI as susceptibility effects, B1 field distribution, longitudinal relaxation time (T1)
or SNR are influenced by a different magnetic field strength. We manage separate appointments at a
3T MAGNETOM Skyra system and a 1.5T MAGNETOM Avanto system, and accurately judge features
depending on a magnetic field strength. Then, we often put correcting methods to good use, and choose
the system that has more superior effects when necessary.
 
2014年9月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る