非肝細胞癌に対するビーズの応用

category:要旨
2014.07.29

非肝細胞癌に対するビーズの応用

岸和田盈進会病院がんカテーテル治療センター
関 明彦

 本年初頭にビーズ(Microsphere)が日本へ上陸して以来、ビーズへの関心が非常に高まっている。肝細胞癌
に関しては既に複数の研究グループにより臨床試験が計画されている。今回は非肝細胞癌に対するビーズ塞栓術
の自験例(大腸癌肝転移、有痛性骨転移)を提示することとした。今後のビーズの臨床使用の一助になれば幸いで
ある。

 Recent introduction of embolization beads (microspheres) into Japanese market generates intense
clinical interest. Since the beads have various different characters from lipiodol or gelatin sponge,
intensive search for their practical application was begun especially for hepatocellular carcinoma. In
this paper, I review two informative cases with metastatic tumor from colorectal and thyroid carcinoma
successfully treated with embolization beads.

2014年8月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る