労働者健康福祉機構山陰労災病院 での動画ネットワーク CardioAgent™の運用

category:要旨
2014.07.29

労働者健康福祉機構山陰労災病院での動画ネットワークCardioAgent™の運用

山陰労災病院循環器科
太田原 顕

 2011年当院では血管造影室の機器整備にあたり、東芝のCardioAgentTMが選定された。
 病院情報システムと連携したこのシステムはさまざまなモダリティと情報共有できる拡張性(心臓超音波検査装
置とはDIOM連携で数値データ転送が可能)がある。また、標準化された外部機関とのデータ共有(CVITによる
J-PCI)のためのデータ変換機能も併せ持っている。

 In the end of 2011, our hospital had a chance to update the diagnostic imaging system for cardiology.
CardioAgentTM of Toshiba was selected. This system in cooperation with hospital information system
was superior to the compatibility and data migration from the previous reporting system also has a
scalability to be able to share information with various modalities, especially for transferring numerical
data output by using the DICOM from the echocardiograph to the reporting system. It also has both a
data conversion function for data sharing with external organizations (J-PCI by CVIT) that are
standardized.

2014年8月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る