ASAHI Velouteの有用性

category:要旨
2014.07.29

ASAHI Velouteの有用性

大阪市立大学大学院医学研究科IVR学/放射線診断学
山本 晃ほか

 先端1.7FrのASAHI Velouteは、0.016インチのガイドワイヤーに対応し、より末梢へカテーテルを挿入する
ことが要求されるIVRに適したマイクロカテーテルである。ASAHI Velouteは、超選択的マイクロカテーテルで
はあるが、2mL/秒の流速にて造影剤を注入することが可能で、汎用性は高い。また非推奨ながらも細径の球状塞
栓物質や細径のマイクロコイルも使用可能で、腹部領域においてfirst choiceとされうるべきマイクロカテーテル
と考える。

 The micro catheter, ASAHI Veloute, is a super selective catheter. It has a 1.7F top and allows for a
passage of 0.016″ guidewires. The micro catheter has a flexible and smooth tip which allows for a
physician to investigate difficult lesions. This device was also created to keep relatively large lumen for
delivery of various embolic agents such as gelatin particle, microspheres, and coil. The physician can
choose the ASAHI Veloute as a first choice in IVR of chest, abdominal, and pelvic lesion.

2014年8月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る