最新技術を使った乳腺超音波画像診断

category:要旨
2014.07.01

最新技術を使った乳腺超音波画像診断

独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター乳腺科
森田孝子

 乳腺超音波装置の技術革新、開発がすすみ、特にBモード画像の画質向上により、ルーペ像がそのままイメージされるような乳腺超音波画像となっている。また、エラストグラフィやドプライメージのソフトも改良され、ボタン一つで検出、確定診断に寄与する情報が得られるようになった。また、インターベンション時の針強調画像ソフトの開発により、より安全に確実に穿刺でき、検査時間の短縮につながる可能性がある。Aplio500(東芝メディカル社製)の最新技術を使用した経験を報告する。

 Breast ultrasound study needs high quality images. New breast ultrasound device improve not only B-mode resolution and contrast but also other software to confirm the diagnosis. Aplio 500 (Toshiba medical systems Japan) is the high end machine we can examine abnormal lesion with renovated elastgraphy and with SMI(Superb Micro-vascular Imaging).

2014年7月臨時増刊目次に戻る

このページの先頭へ戻る