乳腺超音波検査のback groundの分類とマンモグラフィの乳房の構成

category:要旨
2014.06.30

乳腺超音波検査のback groundの分類とマンモグラフィの乳房の構成

*1 名古屋医療センター乳腺科
*2 同 放射線科 
*3 同 臨床検査科 
*4 東名古屋病院乳腺外科
森田孝子*1、大岩幹直*2、須田波子*1、3、森谷鈴子*3、市原 周*3、遠藤登喜子*4

 乳房画像検査をおこなうにあたって、正常乳房の評価をおこなうことは重要である。超音波検査の画像の精度管理を行うため、検出精度を上げるためにも正常乳腺エコーのback groundを評価してから診断することが良いだろうと考える。本稿は、乳房超音波検査における分類(案)を述べ、マンモグラフィの乳房の構成との整合性について考察する。

 The technology of breast ultrasound is developing so well we can recognize not only abnormality lesions but also normal breast tissue. It is important to estimate normal breast background echo before examination. Because breast has much variation compeared with other organs in the body. We classify normal breast background echos and aim for quality control breast ultrasound images and for high quality ultrasound examinations.

2014年7月臨時増刊目次に戻る

このページの先頭へ戻る