乳腺診断におけるインターベンションの使い分け

category:要旨
2014.06.30

乳腺診断におけるインターベンションの使い分け

大垣市民病院外科
亀井桂太郎

 乳腺疾患に対するインターベンションには、穿刺吸引細胞診(FNA:Fine Needle Aspiration Cytology)、針生検(CNB:Core Needle Biopsy)や吸引式組織生検(VAB:Vacuum-assisted Biopsy)がある。乳癌を確実に診断するためには、それぞれの生検法の特徴を理解し、画像から組織像をイメージしつつ最善の手技を選択する必要がある。

 Diagnostic interventional procedures for image detected breast abnormalities include fine-needle aspiration cytology(FNA),core needle biopsy(CNB), and vacuum-assisted biopsy(VAB). It is necessary to understand the characteristic of each interventional procedure.

2014年7月臨時増刊目次に戻る

このページの先頭へ戻る