BI-RADS第5版と日本のマンモグラフィガイドラインの比較 −両者の考え方と読影用語の差異−

category:要旨
2014.06.30

BI-RADS第5版と日本のマンモグラフィガイドラインの比較
−両者の考え方と読影用語の差異−

岩手県立中央病院乳腺・内分泌外科
大貫幸二

 BI-RADS第5版とマンモグラフィガイドライン第3版における用語集の差異について歴史的経緯をふまえて解説した。両者に本質的な差はないが、BI-RADSは用語に悪性度を持たせようとして、かえって利用者が混乱する可能性がある。マンモグラフィガイドラインは、科学的根拠が伴えば使いやすい用語集であると評価できる。

 The differences in the lexicon between BI-RADS (5th edition) and Japanese Mammography Guideline (3rd edition) are expounded considering their historical backgrounds.

2014年7月臨時増刊目次に戻る

このページの先頭へ戻る