「マンモグラフィ専用画像診断ワークステーション(PlissimoMG)」を使用して

category:要旨
2014.06.30

「マンモグラフィ専用画像診断ワークステーション(PlissimoMG)」を使用して

総合病院水島協同病院外科
石部洋一

 当院ではマンモ読影のフィルムレス環境(ビューワ)を構築する事ができた。カスタマイズを繰り返しスムーズな運用となった。トモシンセシスという新たなモダリティへの設定変更・カスタマイズについては当初の予想より早く対応していただくことができ、読影効率と診断の質の向上に繋がっている。
 We were able to build a film-less mammographic system of the breast interpretation (viewer) in our hospital. Repeatedly customized, it achieved a smooth operation.
 You have supported the configuration changes and the customization of a new modality called tomosynthesis more quickly than we had anticipated. It leads to the improvement of the quality of diagnosis and the efficiency of the breast interpretation.

2014年7月臨時増刊目次に戻る

このページの先頭へ戻る