総合画像診断センターに求められるPACSの役割と今後の展望

category:要旨
2014.06.25

総合画像診断センターに求められるPACSの役割と今後の展望

医療法人DIC宇都宮セントラルクリニック 
滝沢直也ほか

 各種モダリティの進歩に伴い、従来のPACSビューアでは迅速な診断やマルチモダリティ・マルチディメンションの診断が困難になりつつある。当院では統合型PACSビューアを導入することによってこれらの問題を解決した。本稿では統合型PACSビューアの有用性や課題、将来展望について述べる。

 By the Advances in the modality, style of diagnostic imaging has also changed. Rapid diagnosis and multi-modality diagnostic can be difficult to PACS viewer so far. The diagnostic imaging in the future, and multi-modality, image interpretation by multidimensional is required.
 In addition, we are considering a new diagnostic imaging style by Universal PACS viewer. By introducing a universal PACS viewer is solved those problems in our diagnostic imaging center. These by combining the VNA, to produce even greater effect.

2014年7月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る