読影フロー最適化・負担軽減に向けて~新世代PACSビューアの試みと評価

category:要旨
2014.06.25

読影フロー最適化・負担軽減に向けて~新世代PACSビューアの試みと評価

独立行政法人国立病院機構災害医療センター 放射線科 
森本公平ほか

 読影フローの中でも大きな負担になっている画像配置とそのプロトコルの作成について、効率化を目指し開発されたツール「スマート・リーディング・プロトコル」がある。機械学習の概念を用い、DICOM及び関連情報を勘案してユーザーの好みのレイアウトを学習し反映するというこのツールの学習精度を検証したので、実感された効果と今後への期待も含め、報告する。

 Smart Reading Protocol, or SRP, is a recently introduced tool aimed at addressing burdens of arranging image layouts and preparing their protocols. Utilizing concept of machine learning, SRP intends to learn and display each user’s preferred image layouts, taking into account DICOM and other exam-related information. This report shares our evaluation of SRP’s effectiveness and expectation for future enhancements.

2014年7月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る