PACS case study~PACSの有用性を探る~
画像診断クリニックとしてのPACSの活用

category:要旨
2014.06.25

PACS case study~PACSの有用性を探る~
画像診断クリニックとしてのPACSの活用

社会医療法人禎心会セントラルCIクリニック放射線部 
越智伸司

 画像診断専門クリニックにおいて画像管理はとても重要で正確かつ迅速、ストレスの少ない環境を構築するにはPACS活用は必要不可欠である。診断医師にとっても撮影装置同様に重要な位置づけにあり、負担の少ない読影環境が望まれる。また同法人グループや検査依頼施設との連携がインターネットを通じて行うことが可能となり、ネットワークの構築が今後重要となる。

 For quick and accurate image management in a diagnostic radiology clinic, PACS (Picture Archiving and Communication System) is an essential management tool for a low stress work environment. It can also provide radiologists with accurate imaging modalities in an easy to use diagnostic environment.With the growing use of image file sharing in corporate intranets as well as between clinics over the internet, further development of properly saved and easy to use network systems is also becoming important.

2014年7月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る