「 AZEVirtualPlace雷神」の大腸解析ソフトウェアを用いた当院のCT colonographyの運用

category:要旨
2014.06.25

「 AZEVirtualPlace雷神」の大腸解析ソフトウェアを用いた当院のCT colonographyの運用
公立岩瀬病院診療放射線科 真船浩一ほか

 近年、日本におけるCTcolonography(以下CTC)は勢いを増している。その背景にはワークステーションの技術向上により大腸解析ソフトウェアの精度が向上したことが挙げられる。本稿では当院で使用している320列CT(東芝社製)とワークステーション「AZEVirtualPlace雷神」(AZE社製)の大腸解析ソフトウェアの使用経験、有用性を紹介しつつ当院でのCTC施行時の技術的なポイントや運用について紹介する。

 CT colonography(CTC) is a new noninvasive technique used as an option for colorectal cancer screening. And adoption of CTC by japanease hospitals is growing. We report here our implementation of CTC and application of the techniques which inolves the following steps: (1) bowel cleansing and stool labeling, (2) colon insufflation, (3) image acquisition, and (4) image processing and interpretation. The images are processed by commercially available softwarepackage with name is AZE Virtual Place Raijin. This software displays a 3D endoluminal view that simulates colonoscopic imageing, and successfully provides good images and movies for colorectal cancer screening.

2014年7月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る