岐阜大学医学部附属病院におけるCTコロノグラフィ(大腸CT)

category:要旨
2014.06.25

岐阜大学医学部附属病院におけるCTコロノグラフィ(大腸CT)
岐阜大学医学部附属病院放射線部 三好利治ほか

 CTコロノグラフィは、大腸病変の局在診断、転移診断、血管解剖把握までを一度に得られる有用な検査であり、近年、逐次近似を応用した再構成法によって、以前より低線量でCTコロノグラフィの撮像が可能となっている。被検者が安心して検査を受けられる環境整備を行い、受容性をより高めることがCTコロノグラフィの重要な課題である。

 CT colonography (CTC) is an all-in-one tool for evaluating tumor localization, invasion, metastasis, and vascular anatomy in patients with colonic neoplasm. CTC today has been performed with reduced radiation exposure thanks to the development of iterative reconstruction. CTC less-invasive and morecomfortable would enhance the indication and acceptability of the examination in the clinical practice.

2014年7月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る