検査目的に合わせた腸管前処置法と腸管拡張について

category:要旨
2014.06.25

検査目的に合わせた腸管前処置法と腸管拡張について
北海道消化器科病院放射線科 高林 健ほか

 大腸CT検査は主に大腸がんスクリーニング、大腸がん術前精密検査、大腸内視鏡検査盲腸到達困難例に対する追加検査として施行されている。それぞれ対象としている病変や評価する腸管部位が異なっており、腸管前処置や腸管拡張については各々最適な方法を選択する必要がある。本稿では当院で施行している腸管前処置法と腸管拡張について検査目的別に紹介する。

 CT colonography is mainly carried out for colorectal cancer screening, colorectal cancer preoperative examinations, and an additional examination for the unsuccessful case for total colonoscopy. The targeted lesion and evaluation site were different on each aim. Thus, bowel preparation and colonic distention should be selected by each aim. We introduce our bowel preparation and bowel distension method chose on the basis for the examination purpose.

2014年7月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る