当院におけるCT Colonographyの実際

category:要旨
2014.06.25

当院におけるCT Colonographyの実際
特定医療法人社団松愛会松田病院放射線部診療放射線技師 岩月建磨

 現在CT Colonography(CTC)は、CT装置やワークステーションソフトの向上、CTC検査導入施設の増加により身近になって来ているが、普及しきれていない。その理由の1つとして、CTCの読影者不足があるのではないだろうか。今後CTCがより普及していくには、1次読影を診療放射線技師が行っていくことが望ましいと考える。

 The computed tomography colonography (CTC) is gradually accepted as a routine examination for fecal occult blood positive subjects in Japan. One of the problem of this examination is small number of specialists (radiologists) who interpretes the images. To solve this problem, I would like to propose that technologists who engaged in this examination to brush up their ability of interpretation. I would like to present what is going on at our institute.

2014年7月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る