舐めるようにCT画像を読む(読影技術習得のコツ)

category:要旨
2014.05.27

舐めるようにCT画像を読む(読影技術習得のコツ)
帝京大学医学部内科学講座腫瘍内科 関 順彦

 
 読影においては、診断の偶然性を極力排除し必然性を高めるために、その都度Systematicに思考していくことが大切であると考える。本稿では全くの初学者の目線に立ち、これから読影力を高めていくための方法論(画像読影に対する意識改革)について、20年に渡る私の経験を通し私なりの過去20年間の想いを述べさせて頂く。また、さらなる理解を深める一助として本年7月3~5日に開催される第40回肺癌診断会および画像診断セミナーを紹介させて頂く。
 
2014年6月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る