気管支鏡診断におけるCTおよびworkstationの活用

category:要旨
2014.05.27

気管支鏡診断におけるCTおよびworkstationの活用
国立がん研究センター中央病院内視鏡科内視鏡センター呼吸器内視鏡部門 松元祐司ほか

 
 近年超音波気管支鏡の導入により、肺・縦隔病変に対する気管支鏡診断の役割は増加している。ただし気管支鏡は直視できる範囲が限られるため、検査前にCTから情報を集めることが必須である。本稿では我々が内視鏡医として注意しているCT所見、ならびに積極的に取り組んでいるworkstationの活用に関して概説する。
 
 The role of the diagnostic bronchoscopy for lung or mediastinal disease has increased since the application of ndobronchial ultrasound. However because the structures that can be observed endobronchially are limited, it is required to gather information from computed tomography (CT) before procedure. In this article, the CT findings that are relevant to the endoscopist, and the use of workstation for diagnostic bronchoscopy are reviewed.
 
2014年6月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る