消化管に対する造影超音波の試み

category:要旨
2014.04.28

消化管に対する造影超音波の試み
駿河台日本大学病院内科 平山みどりほか

 
 消化管に対するソナゾイドを用いた造影超音波検査は、臨床的に非常に有用であるという報告があるものの、未だ保険適応はなく、撮影手技や評価法は見解の統一が得られていない。今回は当院での経験から、血流もふまえ詳細に観察でき、超音波診断をより確実なものとする有用な手法であることを、数例の症例とともに紹介する。
 
 Recently contrast-enhanced ultrasonography (CEUS) using Sonazoid for digestive tract is said that it’s very useful for clinical diagnosis. Although, it has neither been approved for hralth insurance coverage nor exists the consensus on technique and evaluation. We introduce some examples actually experienced at our hospital to explain the useful of CEUS using Sonazoid for digestive tract because we can observe the lesion part with blood flow.
 
2014年5月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る