乳房ソナゾイド造影超音波その染影は何を意味するのか?

category:要旨
2014.04.28

乳房ソナゾイド造影超音波その染影は何を意味するのか?
東邦大学医療センター大森病院臨床生理機能検査部 三塚幸夫ほか

 
 乳房切除標本の組織像とソナゾイド造影超音波(CEUS)所見の検討を行った。CEUSの染影は豊富な血管増生を反映しており、不染域の血管増生は極めて少なかった。CEUSは病変内の詳細な血流情報が推定可能であり、組織構造の推定に有用であった。CEUSを併用することは、超音波による組織構造の推定や穿刺ターゲットの選択に有用であると考えられた。
 
 We examined about findings in contrast-enhanced ultrasound imaging of breast using Sonazoid based on pathologic specimen. Rich enhancement in contrast-enhanced ultrasound imaging using Sonazoid reflected angiogenesis of a tumor, and no or poor enhancement reflected no or poor angiogenesis of a tumor. When contrast-enhanced ultrasound using Sonazoid was used in combination with other methods, more detailed tissue structures can be elucidated. In addition, contrast-enhanced ultrasound using Sonazoid can be useful in the selection of a target for puncture in pathological examination and diagnosis of lesions.
 
2014年5月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る