フィブロスキャン2年の使用経験

category:要旨
2014.04.28

フィブロスキャン2年の使用経験
虎の門病院肝臓センター 斎藤 聡ほか

 
 フィブロスキャン502のMプローブを使用して2年以上が経過した、その間に得られた、正常肝のLSM値の基準値は上限が5.1kPaであった。B型肝硬変ではカットオフ値10.5kPa、C型肝硬変ではカットオフ値が12.0kPaであった。抗ウィルス治療で年余にわたり、肝炎がコントロールされるとLSM値は線維化の改善以上に低下する傾向がみられた。LSM値で示される、肝硬度はただ単に線維化を表現するのみならず、炎症の関与が大きい事が示唆された。
 
 We have more than two years experience in the Fibroscan for liver stiffness measurement (LSM). The LSM of normal liver was lower than 5.1kPa. The cut-off value of LSM in cirrotic liver caused by HBV and HCV infection was greater than 10.5kPa, and 12kPa, respectively. After anti-viral therapy for HBV and HCV, LSM of cirrhotic liver was largely decreased. The LSM level plays an important role in a fibrosis evaluation and follow-up after anti-viral therapy.
 
2014年5月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る