医療用モニタの動向

category:要旨
2014.03.26

医療用モニタの動向
金沢大学医薬保健研究域保健学系 市川勝弘

 最近の医療用モニタの発展において、カラーモニタの高精細化と高輝度化が顕著であり、最近8 mega-pixel (MP)
のカラーモニタがマンモグラフィ用としてFDAの認証を得た。4Kのhigh definition television(HDTV)の普及の兆しもある。また、3MPの高
精細モニタを搭載するタブレット端末を用いた医療アプリケーションも注目される。マンモグラフィのプロトタイプ5MPカ
ラーも登場し、カラーモニタのこれからが期待される。

In recent evolution of medical displays, resolution and luminance increases in color displays
have been remarkable, and especially an 8MP mammography color display passed the FDA clearance. Trials
with 4K high definition television (HDTV), medical applications with tablet computers with 3MP
displays, and a new prototype 5MP color display are now attracting attentions.

2014年4月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る