ワークステーションの進歩と今後

category:要旨
2014.03.26

ワークステーションの進歩と今後
熊本中央病院放射線科 片平和博

 ワークステーションの進歩は、逐次近似法搭載による画質の向上を始め、ネットワーク型ワークステーションによる読影
の併用、さらにはMRI画像を用いたcomputed DWI、dynamic解析など、またmultimodalityとしての様々なmodality
間のvolume fusion機能など多岐にわたる。

 The progress of the workstation is as follow, for example, improving of image quality with
iterative reconstruction using workstation, computed DWI, dynamic analysis, and multimodality
fusion images. To use the workstation as a reading tool is also very useful. It is important that we
understand each usefulness well and manage it.

2014年4月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る