より確実な画像診断のために

category:要旨
2014.03.26

より確実な画像診断のために
東京都保健医療公社大久保病院放射線科 服部貴行

 今後の一般X線撮影に望まれていることは、より良質な画像の提供を行うためのシステム構築と有用な画像診断
を行うためのアプリケーションの運用方法の構築である。そのためにも非連携型PFDや一体型一般X線撮影装置の
普及が望まれる。そして、一般X線撮影の診断が簡便となるような撮影方法と画像処理の開発も期待する。

2014年4月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る