RTRTによる呼吸性移動対策:有用性と今後の展望

category:要旨
2014.02.26

RTRTによる呼吸性移動対策:有用性と今後の展望
北海道大学大学院医学研究科医学物理工学分野 宮本直樹 ほか

 RTRTは、X線透視装置と治療装置を組み合わせた治療システムにより、体内マーカーを利用した待ち伏せ照射
をすることで、呼吸性移動対策を実現している。これまでの長きにわたり、臨床的な成績はもちろん、呼吸性移動に
関する様々な知見が得られた。また、昨春に次世代型のRTRTシステムがリリースされ、今後のさらなる発展と普
及が期待される。

 The real-time tumor-tracking radiotherapy (RTRT) system consists of diagnostic X-ray television
systems and the linear accelerator. Respiratory tumor motion is compensated by gated-irradiation,
monitoring the fiducial markers. Clinical benefits and unique character of respiratory motion were
obtained with the RTRT system. The next generation RTRT system has been released in last year. The
further development is expected.

2014年3月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る