CyberKnifeによる 動体追尾照射

category:要旨
2014.02.26

CyberKnifeによる 動体追尾照射
大阪大学医学部放射線治療学/蘇生会クリニックサイバーナイフセンター/都島放射線科クリニック
塩見浩也 ほか

 CyberKnifeでは、ロボットの特性を生かした動体追尾照射が可能である。従来では、金属マーカの留置が不可
欠であったが、現在では透視により腫瘍そのものを認識することで、金属マーカを用いない方法も可能となってい
る。CyberKnife特有の治療手順、我々の開発したQA等について述べる。

 The CyberKnife System offers options that track the lung and liver tumor, which has the respiratory
motion. The latest version of the CyberKnife system can detect the tumor directly and non-invasively
track the lung tumors without metallic markers. For this system, the software that optimizes the lung
CyberKnife treatment itself was developed. The advantages and limitations of this new technology and
the QA method, which we developed for this system, will be discussed.

2014年3月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る