FPD導入での一般撮影トータルコーディネート 業務効率と画質向上に取り組む単純撮影

category:要旨
2013.12.27

FPD導入での一般撮影トータルコーディネート 業務効率と画質向上に取り組む単純撮影
芳士戸治義(順天堂大学医学部附属順天堂医院)

 一日400名に上る一般撮影外来患者数、それにみあう技術革新なく して、効率的運営、安全の担保、画質向上と被ばく軽減はなしえなかったと考える。業務の煩雑さがなくなった分、患者さんに向き合える時間が長くなった、つまり人格的対応も重要なテクニックとなった。これも時代の流れに乗れた要因である。
 
2014年1月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る