肝癌病変をマーキングしたvolume dataによる RFA術中モニタリング

category:要旨
2013.11.26

今井康晴(東京医科大学 消化器内科)

 GEヘルスケア社製 LOGIQ E9に搭載されたVolume NavigationのTru3DによりRFA前に肝癌病変付近の超音波volume dataを取得した後、肝癌病変にマーキングを行った。RFA術中に適宜、FusionのOverlayを用いて画像を重ねることでマーキングした肝癌病変と高エコーを呈している治療範囲を立体的に比較することができた。

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る