造影超音波を用いた大腸粘液癌の診断

category:要旨
2013.11.26

林田まり子(日本大学医学部消化器肝臓内科)ほか

 大腸粘液癌は通常の腺癌よりも予後不良で、内視鏡下生検の正診率は低い。B-modeでは腫瘤内部の正常の把握は困難であったが、造影超音波検査で一部は無エコーであり、内部に樹枝状~地図状に染影される部分を認めた。通常型腺癌とは異なる像を呈しており、粘液癌に特徴的な所見と考えられたので報告した。

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る