EOB-MRIの肝細胞相でのみ低信号結節として 描出される結節に対してフュージョン画像を用いた 超音波検査からのアプローチ法に関する検討

category:要旨
2013.11.26

斎藤 聡(虎の門病院肝臓センター)ほか

 EOB-MRIの肝細胞相でのみ低信号結節として描出される結節は、経過観察すると、高率に多血性肝細胞癌へと進展することが知られている。最初の段階で他の画像診断では描出困難なことが多い。そこで、EOB-MRIの肝細胞相を用いた、フュージョン画像を用いて超音波検査でこの結節の描出を試みた。直径8mm超の結節は死角や深部などによる条件不良を除けば、超音波によるアプローチが可能であり、腫瘍生検による早期肝細胞癌の診断および経皮的なラジオ波凝固療法治療などへの展開が可能であった。

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る