肝腫瘍における三次元造影超音波と Fusion画像の役割

category:要旨
2013.11.26

沼田和司(横浜市立大学附属市民総合医療センター消化器病センター)ほか

 自動スキャンによる三次元超音波は数秒でvolume data取得可能。 これを高音圧造影モードで造影すると腫瘍血管の濃染を鮮明に観察可能。 多方向に再構築し、肝腫瘍診断と肝癌治療効果判定に有用。造影EOBMRIや造影CTをリファレンスにしたBモードとの融合画像は小さな多血性肝癌や境界不明瞭な早期肝癌の検出に、造影超音波との融合画像は肝癌の治療効果判定に有用である。

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る