ルーチン検査にTomosynthesisを 取り入れた撮影の有用性

category:要旨
2013.11.06

伊東孝宏(静岡がんセンター画像診断科)

 Tomosynthesis撮影では、乳腺の重なりが少ない画像を得ることができるため、より明瞭に病変を描出することが可能となった。当院では、ルーチン検査にTomosynthesis撮影を取り入れた撮影を行っている。これまでの経験を踏まえ、臨床症例を呈示しながら、Tomosynthesis撮影の有用性を紹介する。

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る