トモシンセシスの画像情報で マンモグラフィの位置づけが変化する

category:要旨
2013.11.06

桒山真紀(医療法人豊田会刈谷豊田総合病院)

 マンモグラフィ(MMG)は乳がん検診つまり存在診断としての有用性は実証されている。MMGはデジタル化が進み、その活用が広がっている。その一つとして「トモシンセシス」が注目を浴びてい
る。トモシンセシスがもたらす新しい画像情報について紹介する。

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る