SPECT-CTを内用療法に活かす

category:要旨
2013.10.30

萱野大樹(金沢大学附属病院)

 腫瘍核医学領域においてSPECT-CTは非常に有用であり、内用療法のマネージメント
に大きく関わるI-131画像やMIBG画像の評価においても同様である。I-131治療および
MIBG治療の対象となる患者において、治療方針を決定する上で正確な病態把握は不可
欠であり、SPECT-CTは非常に心強いモダリティとなっている。

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る