半導体SPECT:D-SPECT

category:要旨
2013.10.30

井口信雄(榊原記念病院)

 2012年3月に日本の1号機として当院に導入されたD-SPECTは、高い感度と空間分解能、エネルギー分解能を持った心臓専用半導体検出器である。これにより画質の向上、被ばく低減が得られ、さらには心筋血流予備能の計測も可能とされており、まさに未来を切り開く核医学装置である。

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る