CT透視下にOblique穿刺を行った横隔膜下膿瘍の1例

category:要旨
Share (facebook)

新槇 剛(静岡県立静岡がんセンターIVR科)

 超音波では認識困難な横隔膜下膿瘍を、CT透視をもちいて、穿刺とガントリの移動をStep by Stepで行い、経腹的にObliqueに穿刺しドレナージを行った。
 各科からの困難な要求に如何に応えるかが、我々IVR医の存在する意義と考える。

RadFan9月臨時増刊に戻る

Share (facebook)
このページの先頭へ戻る