左主幹部分岐部病変にResolute Integrityを留置した症例

category:要旨
Share (facebook)

西田育功(社会医療法人 高清会 高井病院 循環器科)
井上 健(社会医療法人 高清会 高井病院 放射線科)

 Resolute Integrityステントはステント中央部が2リンク構造、両端部3リンク構造でらせん状に巻きつけたユニークなデザイン (2.5リンク)である。分岐部への留置に適したステント構造を呈しており、本稿では左主幹部分岐部に留置し良好なアポジションを得た症例を提示する。

RadFan9月臨時増刊に戻る

Share (facebook)
このページの先頭へ戻る