物理評価・装置特性から小児CTを考える

category:要旨
2013.09.26

小林隆幸(北里研究所病院)

 小児CTガイドラインにおいて診療放射線技師は、品質管理に努めるべきと謳われている。品質管理を行うため
には装置の性能評価法についての知識を身につける必要がある。また品質評価法の他に各施設で使用しているCT
装置の特徴を理解し撮影条件を設定し検査を進めることは重要である。

RadFan2013年10月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る