当院におけるハイブリッド型逐次近似画像再構成の臨床応用について

category:要旨
2013.09.26

門阪泰之(社会保険紀南病院)

 ハイブリッド型逐次近似画像再構成法の登場は、従来では困難であった様々な臨床応用を
実現しCTの可能性を拡げた。今回は当院で実際に行っている被ばく低減や画質向上、そして
腎機能保護を目的とした造影剤減量での腹部検査やCTAについて、また特殊な状況下での
冠動脈CT等、症例を中心に検討過程を含めて紹介する。

RadFan2013年10月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る