小児のCT〜最適化のための最近の動向

category:要旨
2013.09.26

宮崎 治(国立成育医療研究センター)

 本稿では小児CT撮影の最適化に対するストラテジーであるALARAコンセプトの紹介、ALARAの基本的事項で
ある体格に見合った線量調節の具体例、近年の新たな潮流である管電圧設定と逐次近似法、被ばくの目安である診
断参考レベル、CTDIの欠点と新たなCT被ばくの単位であるSSDEを紹介する。

RadFan2013年10月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る