Vero4DRTを用いた高精度エックス線治療 の特徴と今後の展開

category:要旨
2013.09.26

高山賢二(先端医療センター病院)

 Vero4DRTは、統合型イメージガイドシステムによって迅速で高精度の患者セットアップが可能であり、前立腺
IMRT、脳や肺の定位照射などの高精度放射線治療を短時間でスムーズに行うことができる。また、動体追尾照射は
肺での臨床応用が進んでおり、今後、肝腫瘍への適応や追尾IMRTへと展開が期待される。

RadFan2013年10月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る