陽子線治療の特徴と今後の展開

category:要旨
2013.09.26

荻野浩幸(名古屋陽子線治療センター)

 陽子線治療はブラッグピークを利用することで良好な線量分布を得ることができる粒子線治療のひとつであ
り、今後世界的に施設数が増加することが見込まれている。スキャニング法など新しい照射方法の臨床での使用
がはじまり、一部施設では強度変調陽子線治療も開始されている。

RadFan2013年10月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る