EVAR施行後type 2 endo leakに 対してTAEを施行した 腹腔動脈根部感染性仮性動脈瘤の一例

category:要旨
Share (facebook)

高木 聡(長岡赤十字病院 放射線科)

 70歳代、男性の腹腔動脈根部を巻き込む感染性仮性動脈瘤に対しEVAR施行後、type 2 endo leakを認めたため、TAEを施行した。難易度が高いケースでも、血管解剖を把握し、手技に精通する事で対処可能となる。

RadFan2013年9月臨時増刊号目次に戻る

Share (facebook)
このページの先頭へ戻る