T1 mapについて‐Dual Flip Angle法とSaturation Recovery法‐

category:要旨
2013.08.29

T1 mapについて‐Dual Flip Angle法とSaturation Recovery法‐
森田康祐(熊本大学医学部附属病院/熊本大学大学院)

 近年、T1 mapについての論文や研究発表が年を追うごとに多くなっている。T1値測定はSpine echoタイプのInversion Recovery法が妥当であるが、臨床上では時間的な面でほぼ不可能である。さらに、躯幹部では呼吸停止下での撮像となるためハードルは高くなる。今回は、肝臓と心臓のT1 mapを中心に述べる。

RadFan2013年9月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る