P-TEGとRupture Free Balloon

category:要旨
2013.07.30

P-TEGとRupture Free Balloon
新槇 剛(静岡県立静岡がんセンター)

バルーンカテーテルは多くの場合、管腔を閉塞させたり、カテーテルの逸脱を防止したり、あるいはバルーンの持つ拡張力によって狭窄部を拡張する目的で用いられる。PTEGで用いられるRupture Free Balloonは穿刺標的(頚部食道)内腔を拡張させ穿刺標的とする、新しい発想のバルーンカテーテルである。こうした発想のバルーンカテーテルにより、今後のIVRに新たな展開が生まれることが期待される。

RadFan2013年8月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る