balloon近位側孔から薬剤注入可能なmicroballoon catheterを用いた動注化学療法

category:要旨
2013.07.30

balloon近位側孔から薬剤注入可能なmicroballoon catheterを用いた動注化学療法
小金丸雅道(久留米大学)

 動注化学療法時に選択的catheter挿入を必要とせず、目的血管への動注化学療法を可能とする本方法を解説する。使用するcatheterは、3.3Fr microballoon catheterであり、balloonの近位側にside holeを有し、occlusion device挿入下にside holeのみからの動注療法を行う。すなわちmicroballoon catheterは目的血管の分岐部の親血管末梢側までの挿入を必要とするのみであり、困難な目的動脈へのcatheter挿入をすることなく、それと同等な動注化学療法を可能とする。

RadFan2013年8月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る