肝癌B-TACE発想の起源と今後の展開

category:要旨
Share (facebook)

肝癌B-TACE発想の起源と今後の展開
入江敏之(日立総合病院)

 B-TACEは単純な思い付きではなくその発想の根源にはそれなりの歴史及び幸運がある。新しい技術の開発には日常の仕事の中で感じた疑問や違和感を大切にし、何が足りないのか、何が必要なのかを持続して考え続けることが重要である。観察された未体験の現象は素直に受け止め、それに対する科学的・理論的説明を納得のいくまで思考を継続することが求められる。

RadFan2013年8月号目次に戻る

Share (facebook)
このページの先頭へ戻る