低用量PEG-CM法を用いた大腸3D-CTについて

category:要旨
2013.06.25

低用量PEG-CM法を用いた大腸3D-CTについて

*1自治医科大学放射線科、*2会津医療センター放射線科、*3亀田総合病院放射線科
木島茂喜*1、 歌野健一*1、2、 佐々木崇洋*1、 金澤英紀*1、永田浩一*1、3、 杉本英治*1

 大腸3D-CTにおいて患者の受診動機を低下させる要因の1つは腸管前処置として、大量の腸管洗浄剤を服用しなければならないことである。今回、腸管前処置を軽減したPEG-CM法を用いて多施設共同臨床試験UMIN6665を行い、検査精度が担保されることが判明した。本稿ではPEG-CM法の実際の方法や前処置を軽減した大腸3D-CTについて紹介する。

RadFan2013年7月号目次に戻る

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る