Gd-EOB-DTPA造影MRIで非多血性と診断された肝細胞癌の門脈血流を予測する画像診断

category:要旨
2013.04.26

Gd-EOB-DTPA造影MRIで非多血性と診断された肝細胞癌の門脈血流を予測する画像診断
東京医科大学
今井康晴
 
 Gd-EOB-DTPA造影MR(I EOB-MRI)で非多血性と診断された肝細胞癌のうち門脈血流が低下している結節は、MRI拡散強調画像で等信号が少なく、肝動脈造影下CTで高吸収域が多く、ソナゾイド造影超音波のKupffer相で低エコーを多く認めた。また、有意差は認めなかったが、造影超音波血管相で高エコーが多い傾向であった。

RadFan2013年5月号目次に戻る

このページの先頭へ戻る